更年期障害の症状について

更年期に伴う幾つもの辛い症状については女性ホルモンのひとつで「エストロゲン」と密接な繋がりがあります。

 

エストロゲンは8才頃には卵巣から分泌されるのですが、分泌量に関しては30代半ばには最盛期を迎えると言われています

 

しかし、これ以後になると卵巣の機能が低下して行きますので、エストロゲンの分泌量は少しずつ減少していき、40代半ばからでは急速に減っていくと言われています。

 

体にとってこの突然の変化について行くことが出来ずに起着てしまうのが「更年期障害」とされる体の不具合になります。

 

このような状態で行うダイエットには体にどのような影響が及ぶか分かりませんのでおすすめできません。

 

 

 

エストロゲンの分泌をコントロール出来なくなることの影響

 

エストロゲンの分泌をコントロールしているのは脳の視床下部に存在している下垂体と呼ばれる器官になるのですが、45歳頃になるとどれだけ下垂体がエストロゲンを「分泌」するように命令を出しても、卵巣機能が衰えることに伴いエストロゲンの分泌自体が減少するといわれています。

 

その影響を受けて下垂体からはさらに「分泌」するように命令が出るのですが、分泌されにくい状態が続くことで脳が混乱をしてしまいます。

 

視床下部はからだのいくつもの機能をコントロールする自律神経も制御しているのですが、脳の混乱が自律神経にも伝達されることで、のぼせや冷えなど様々な不具合が生じてしまいます。

 

更年期は誰にでも訪れる可能性はあるのですが、その期間に更年期障害の症状を感じるか否かは個人差があるようです。

 

不具合をまるで感じることなく生活されている方もいれば、日常生活に悪影響を及ぼすような重症で悩む方もいるのですね。

 

 

どれほどの症状がもたらされるのか、その症状や種類は人によって違いますし、同じような症状でも日が経つにつれて、出方やつらさに差がある場合もあります。

 

 

更年期障害の主な症状

 

体がだるくなったり、立ちくらみ、疲れやすくなる、耳鳴りやのぼせ、動悸やほてり、手足がしびれる、多汗症、関節の痛み、手足の冷え、からだにかゆみが出る、腰痛、肌・目・口の乾燥、肩こり、頭痛、尿トラブル、めまいなど。

 

心の症状では、イライラや不眠、不安感 、突然汗をかくなどが挙げられます。

 

 

 

若年性更年期障害について

 

30代の方にも更年期障害に似た症状が出てくる場合もあります。

 

近ごろ30代〜40代半ばの女性においても生理不順になるとか、月経が無くなって女性ホルモンの分泌がおかしくなっている方が増加しているそうです。

 

この症状はストレスや無茶なダイエットや食生活なども含むアンバランスな生活により、早い段階から徐々に卵巣機能が衰えてしまうことが原因になっているようです。

 

こうした状態が続くと、ほてり、手足の冷え、めまい、感情が不安定になることで、更年期障害と同じ様な症状が見られることがあります。

 

こういった「プレ更年期」に起こるいくつもの不具合が「若年性更年期障害」とされています。

 

プレ更年期の不具合に苦しめられた方が、更年期を迎えた時も同様の症状が現れるかもしれません。

 

 

日頃のストレス発散や規則的な生活を意識して、プレ更年期のころからちゃんと手段を講じることが重要になります。

 

やわた「イソフラボン&ファイバー」奇麗と元気の効果

 

トップページに戻る

おすすめ